検査を受けよう|クラミジア・淋病感染が発覚したら/アジーを使って早期治療

クラミジア・淋病感染が発覚したら/アジーを使って早期治療

倒れた薬瓶

検査を受けよう

クラミジアにしても淋病にしても、感染してすぐ発症するわけではないため、気づかないまま生活しているという人も多いです。
しかし、症状が出ないだけであって、体内では菌が活動しています。
そのため、潜伏期間中に異性と関係を持ってしまうと、そのまま相手に感染させてしまう危険があるのです。
とはいえ、自身でもなかなか気づきにくい病気ですので、症状の悪化および他人への感染を防ぐためには、早めに検査しておくことが重要です。

性感染症にかかると、初期症状としてまず男性なら排尿痛、女性ならオリモノの増加などが見られます。
男性の場合は気づきやすい症状となっていますが、女性の場合はふだんと大きな変化がなく、気づかないまま症状を悪化させてしまうことも多いです。
そこで、もし少しでも不安なのであれば、医療機関へ行って検査を受けることをオススメします。
検査といっても性器を医師に見せることはなく、血液検査などで済みますので安心してください。

また、医療機関で検査してもらえば、もし感染が発覚したとしてもそのまますぐに治療へ移行してもらうこともできます。
専門家の指示に従って治療は進んでいきますので、安心して性感染症を治すことができますよ。
ただし、みなさんがもし性感染症に感染しているとするのであれば、当然そのときパートナーとして一緒に性行為をしていた異性も感染している可能性が高いです。
必ずその異性も医療機関へ連れて行き、一緒に治療を受けていきましょう。